システムエンジニアの仕事と向いているタイプは?

システムエンジニアはその案件の製品によって求められるスキルは異なります。SE(システムエンジニア)は、モノづくりとアプリケーションをつなぐSEだったり、WebサービスのSEだったりと最もニーズが高い職種です。どのSEにも共通して言える点が3つあります。SEに求められる資質として、コミュニケーション能力と、問題解決能力、管理能力が問われます。そのため技術ばかり高くてもSEとして仕事がうまくいかない人は、自分がどういったポジションに向いているか冷静に考えるべきです。

SEはクライアントが要望するシステムを設計、開発、運用、保守するマルチタスクプレイヤーです。もちろん、大規模なシステムはチームがいくつも存在し役割によって業務内容も限られています。お客様に一番近い技術者ともいえるでしょう。クライアントがどのようなものが欲しいのか理解し、必要な技術者を集め設計した通りのデザインやプログラミングを依頼うするいわゆる助監督のような仕事なのです。よく比べられるプログラマーですが、SEが設計したシステムを実装できるようにプログラミングするのがプログラマーです。そのため専門性の高いスペシャルプログラマーになると、SEに転職する人もいます。

SEに向いている人は、基本的には技術力が向上したい人やIT業界が好きな人です。それ以外の素質としてコミュニケーション能力が高い人、冷静さを保てる人などが向いています。SEでトラブルが起こらない案件などはありません。むしろ、トラブルが起こるのを想定して準備ができるような危機回避能力があればSEとしての仕事は向いているといえます。

© 2023 完全版!SEなび - WordPress Theme by WPEnjoy